ビークラボ株式会社のサイトはこちら

気になる「毛穴」~その1(FILE No.042)

メルマガアーカイブ

美里康人

2006年にスタートしたメールマガジンのアーカイブページ。
『コスメの真実・裏側』は、このメルマガがきっかけで出版された書籍でした。

◆◆FILE No.042 / 2007年3月配信◆◆

気になる「毛穴」~その1

今もっともホットなスキンケアの焦点といえば
ポアケアと言われる「毛穴ケア」ですね。

ニキビ・黒ずみ・広がり

今週の皮膚の話題は
その「毛穴」のお話。
特にちょっと気になる最近の研究について
各大手化粧品メーカーさんから発表された研究報告を引用し
お話していきましょう。

まず最初に皆さんに質問です。

「もっとも毛穴が大きく目立つ年齢っていくつ位?」

これ、実は40歳代です。

一般女性の毛穴を顕微鏡写真で撮影し
画像解析して得られた結果から
こうした事実が明らかになっています。
(カネボウ化粧品研究所報告より)

20歳からだんだんと目立ちはじめ
40歳までそれはだんだんと大きくなる傾向にあり
50代~60代となると今度は目立たなくなるそうです。

この「目立つ」というのをもう少し詳細に書くと
開口部面積・深さが大きくなるという事になります。
そしてさらに興味があるのは「扁平率」です。

つまり、20代までの毛穴は
開口部の円が真円により近く
40代になると、楕円系に扁平してくる傾向が強いそうです。

この扁平の原因は
加齢とともに皮膚を引っ張っている弾力が弱まる事で
重力に逆らえなくなる事に依存していると考えられています。

ですから、皮膚の弾力を保つための保湿は
年齢とともに目立ち始める毛穴のケアにも
大変有効である事が分かります。

では、50代になると今度はなぜ目立たなくなるのでしょう?

それは、皮溝と呼ばれるキメがだんだんとシワと化し
それが毛穴の部分と繋がってくる事で一体化した状態になり
それで毛穴として認識しづらくなるからだと言われています。

*

さて、もう一つ皆さんに質問があります。

「毛穴が目立つ季節はいつだと思いますか?」

夏と答えた方が多かったかもしれませんね。
これ、実は間違いなんです。

もちろん、真冬に比較すると
多少大きくなる傾向にはありますが
ほとんど変化はないと言ってよいレベルなのだそうです。
(資生堂研究所報告より)

夏場は気温が高く
汗とともに皮脂の分泌が多い傾向にあるため
毛穴が広がるように感じるのですが
実際には毛穴の広がりにほとんど変化はなく
しかも
同じ温度で測定すると
皮脂の分泌量もほとんど変わらないのだそうです。

むしろここでおもしろい結果として得られたのが
生理周期の問題です。

「どうも、生理の時は毛穴が目立つ気がする・・・」

これは皆さんも
なんとなく感じておられるかもしれませんね。

女性の生理と皮脂の分泌には密接な関係があり
生理の直前には皮脂分泌が大きく変化し
その分泌皮脂の成分にも大きな違いが生じる
という事が分かっています。
この分泌皮脂成分の違いが
毛穴の広がりに影響していると考えられています。

では、その毛穴の広がりに影響する
皮脂の成分とは???

この辺りは次回に譲る事にしましょう。

次回は、さらに毛穴のケアをいかに行うか
最近の新しい話題を盛り込んで
お話していく事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です