ビークラボ株式会社のサイトはこちら

プロ集団とは

ブログランキングに参加しています。
皆様の応援が、老体をあと押し(笑)
クリックをよろしくお願いします!

美里康人

今回、アシスタントのゆっきーや
研究後継者として奮闘中のいろはねクンとともに
私達の活動グループでブログやHPに使用してきていました
キャラクターイラストをプロの方にお作り頂きました。

自分も活動開始から年月も経過し
じいさんになって髪も薄くなり・・・。

・・・とまぁ、それはさておき(汗)

作成頂いた方は美容に特化したHP設計や
デザイニングといった分野の
プロの方ですが
私達のできない事を完璧にこなしてくれる
心強いビジネスパートナーです。

■「プロ」って?

そういえば、この「プロ」という言葉に
過剰に反応される方もおられるのですが
違和感を感じることがよくあります。

職務として皆さんも担っておられるお仕事では
「プロ」ですよね?
それで生計を立てておられる方は
全て「プロ」と言えます。
少なくとも私はそういう理解で
この言葉をよく使用します。

また、仕事をする上で大事なことは
「プロ意識」ですし。

先日もアシスタントと仕事で遅くなり
回転寿司でお持ち帰りを頼んだのですが
閉店間近だったにも関わらず
アルバイトと思われるお若い女性店員の方の応対が非常によく
「お寒かったでしょうから、お茶をどうぞ」
熱いお茶を入れて下さったり
外は雨にも関わらず
受け取り後には外まで見送りに出て下さったので
思わずアシスタントが
「あの子は、接客業としてどこに行っても通用する人材だよね。」と。

まさに私も「接客業のプロだな」
感心致しました。

■プログループ化

で、私達化粧品をプロデュースするための「美育」のグループには
こうした様々のプロの精鋭の方々が揃っています。

ここが、一般的な化粧品OEM企業とは異なる
差別化点と言えるでしょうか。

では、化粧品をプロデュースする上で必要な
どのような精鋭の陣容なのか
今回は少し話題にしてみたいと思います。

これから化粧品ブランドを立ち上げたい!
いいオリジナル化粧品を作って販売したい!
などと夢をお絵描きの方々に
参考になればと思います。

また
「ウチのOEM会社ではそういったサービスが必要だ。」
と、参考になるかもしれませんね。

私の研究処方開発は除いて
まずは列記してみます。

■化粧品をプロデュースするためのプロ集団

①成分分析、品質試験、使用評価試験、安全性試験の技術者
②マーケティングリサーチのプロ
③化粧品輸出入、新規成分INCI登録の専門家
④特許、登録商標など、知的財産権の専門家
⑤化粧品生産工場
⑥販促、ブランディング、広告など、プランナーのプロ
⑦プロデザイナー
⑧薬機法や景品表示法の専門家

分かりやすく少し説明を加えますと

微生物の防腐試験や、人への安全性試験
そして、様々な化粧品を評価する試験など
私達は専門の試験設備は保有していませんので
この道の専門家の方と連携をとります。

市場リサーチや傾向などは
大手ブランドさんにおられた
専門分野の方でなければ分からない手法を用いて
市場調査やデータ採取をしてくれます。

大手ブランドさんリサーチセンター出身の方を
頼りにしています。

新しい化粧品のプロデュースには
もう新規な成分開発を抜きに語れません。
そして、美容業界は今や
海外とやりとりできなければ話になりません。

各国の薬事や成分の許認可など
プロの方の力を借りなければなりません。

化粧品は全成分の表記義務とともに
ノウハウが簡単に流出する時代に突入しています。
特に私達のような人間がみれば
真似っこは容易にできてしまいます。

メーカーさんの固有の技術は
私達の作る側が守ってさしあげなければなりません。
そのためには
特許は重要なツールになりますね。

私の会社の場合は
化粧品を製造する工場はありません。
なので、より安く、より早く、より良い品質で
そしてなにより
弊社の技術が外に出ないよう
ノウハウを守ってもらえる
一心同体で生産してもらえる工場さんと組まなければなりません。

メーカーさんにとっては
売れてナンボの世界。
また私のような技術屋は
その技術をPRする方法や
表現が全くできません。

ここはその道のプロの方に
力添え頂かないといけません。

冒頭で書いたように
私達のような技術屋は
ビジュアルやデザインセンスが全くありません(苦笑)
もう書くまでもないですね…。

私達化粧品技術者も
薬機法はもちろん詳しくなければ
仕事にはなりません。
しかしながら
メーカーさんが広告を作る
パンフレットを作る
そしてHPを作るとなると
微妙な表現や言葉が
摘発対象になります。
そして、ボーダーラインは日々変わります。

ここは法律も含め
専門分野の方に任せる必要があります。
テキトーなことは言えないですしね。

以上ですが、弊社では足りないこういった精鋭の方々と
連携してメーカーさんのあらゆるニーズに
お応えしているわけですね。

■なぜ一手の企業に全て任せない?

でも、フツーに考えてみれば
OEM工場にお任せすればいいんじゃないの?

確かに昨今は
様々な部分においても顧客サービスとして
サポートしてくれるOEM工場さんも多くなりました。

ただ、長くこの業界にいて
「真の意味で、顧客の立場になって責務として全うできるか?」
これを追い続けていくと
企業の中にいるとどうしても
サラリーマン・・・。

■独立採算で取り組むことの意味

つまり
「お客様が満足できなければ報酬が頂けない境遇」
これを前提に課題に取り組むのとでは
結果に雲泥の違いが生じると感じるのですね。

いや、まぁ、振り返れば
自分自身もそうでしたし(苦笑)

* * *

「顧客満足度」という言葉があります。
まだまだ100%に至っているとは思えませんが
いかに近づけるかを意識しないといけませんね。

ただし、私達にも「申し訳ありません・・・。」
ごカンベン願う事態があります。
これは企業ポリシーとして、ですが

「いかに安く、そしていかに大量に」

これは手掛けない事としています。
なぜなら、私のポリシーが
化粧品は女性にとっての夢の商品であると
思うからです。
私自身も、膨大な利益を夢にはしたくないですね。

と、「女性にとっての」
いまや男女差別的発言でしたね・・・すいません!

では、また。

by.美里 康人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です