ビークラボのサイトはこちらをクリック

シミには気をつけましょう!

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。
ここ横浜は、ただいま桜の季節
美育Laboへ続く道もちょっとだけ桜並木で
今日の桜は、花びらが宙を舞い始めております
皆様の周りは、どんな感じですか?
さて、今日のテーマは「シミ」。
といってもお肌のシミじゃなくて、
洗面化粧台などの「シミ」です。
化粧品には、油分・アルコール・保湿成分・香料など
プラスチックや塗料となじみやすい性質をもった成分が
含まれていることがあります。
そのため、洗面化粧台などにこぼれた化粧品を
そのまま放置しておくと、
変色やシミ、場合によってはひび割れが
起きることもあります。
特に、注意が必要なコスメは
クレンジングオイル、香水、除光液、
ヘアトニック、アフターシェーブローションなどです。
化粧品の中身を
うっかり洗面化粧台にこぼしてしまったら
すぐにティッシュなどでふき取り、
そのあと、しっかりと水拭きしておきましょう。
また、液だれも洗面化粧台を汚してしまうので
化粧品を使った後は、口元をキレイに拭き
キャップをしっかり閉めて、
ミラーキャビネットなどのプラスチック部分や
塗料を塗った部分に付着しないよう注意しましょう。
お顔のシミ同様、
後から後悔しても、元に戻らないこともあるので
普段から気をつけましょう!
と書いたものの
“まっ、いいか”と
いの一番に汚しちゃいそうな気がする
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

※参考文献:化粧品工業連合会発行の小冊子『コスメチック』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です