化粧品開発・セミナーのご相談は美育Laboへ

ペンシル容器の名前

化粧品の企画書を作っていて、ふと疑問に思ったこと。

この容器は、どんな名前で呼ぶのが正解なのでしょう!?

画像:GLASEL「RF-14X+6」

シャープペンシルのように、画像の左側の部分をカチカチと押すことで
画像右側の筆部分から、内容物が出てくるタイプの容器です。

美里所長さん

この容器は、何て呼ぶのが正解?
ペンシルだと「鉛筆」でカチカチしないよね?
ペンシル容器でいいんじゃないの?
容器屋さんのカタログを調べても“多彩な使い方に対応できるバリエーション豊富な筆ペンシリーズ”としか書かれていないですよ~。

ゆっきー

美里所長さん

うぅ~ん、何だか釈然としない。。。
それでは、カチカチペンシルとか、ノック式とかでしょうか!?

ゆっきー

美里所長さん

ノック式ペンシル容器。
長いなぁ~。
ノックペンなら、伝わるかなぁ。。。

みなさんなら、この容器を何と呼びますか!?

今回の化粧品企画は、処方も特徴があるのだけれど、
何よりも容器が面白いので、そちらにもスポットを当てたくて、
ちょっぴり思案することになったある日の出来事を取り上げてみました。

新しい化粧品が生まれるときは、ち密な処方設計や繊細なテクスチャー調整だけでなく、
こんな些細なことも考えてみたりするのでした。

あなたのそのお手元にある化粧品には、どんな“思案”を積み重ねて誕生したのでしょうね!?

きっと、開発担当者たちの色々な想いが詰まっていることでしょう!

これからも使って楽しい、使い続けてもらえるような化粧品開発に携わってゆきたい美育Laboのゆっきーなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です