ビークラボのサイトはこちらをクリック

サンプル容器にテプララベルを貼るゆっきー

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。
先日、今年の9/9~11に東京ビックサイトで開催される
ダイエット&ビューティー出展のお手伝いをすることになりました
と書きましたが、
具体的に何をしているかと言えば・・・。
たとえばコレ。
化粧品容器
これは、化粧品のトライアルセットなどでも使われる
小さい内容量の容器の写真です。
展示会場では、ゆっきーがお手伝いする化粧品工場さんの処方に
興味を持ってくださった方にお配りするため
このようなミニサイズの容器を探してみました。
同じ内容量で、同じ材質のボトルでも
それぞれ複数を集めて
処方との相性や使い勝手、そしてコストなどを
各部署の人たちとアレコレと比較検討するんです。
高さや直径が違うだけで、容器の印象がずいぶん違うし、
私たちは“スクイズ性”と言っているのだけれど
容器の押し加減も様々なのです・・・。
少し粘度のある美容液や乳液などに使う場合は、
“スクイズ性”をとても重視します。
というのは、少し粘度のある化粧品の場合
指でボトル側面をギュッと押してもつぶれにくい容器だと
中身が出づらくって、イライラする~なんて経験ありませんか?
そういうハズレな容器に入っている化粧品を無料でもらった場合は
ちゃんと使うことなく、面倒なのでポイっとしちゃうことってありますよね!?
ゆっきーたちは、絶対、そんなことは避けたい!!
ということで、カタログ上で仕様を確認するだけじゃなく
実際に手に取って試してみることはとても大切なのです。
さてさて、そのような理由で
容器サンプルを取り寄せたので、
アレコレ混ざってしまって、何が何だかわからない~っとなる前に
それぞれの容器に、容器メーカーさんの名前と品番や単価などを記載したラベルを
テプラで作って、容器に貼りました。
上記の写真は、
「今回は、ワタシに出番があるかなぁ」と
審査を待つ容器たちなのでした。
今回は、珍しくまめなことをしたなぁと自分で思う
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です