ビークラボのサイトはこちらをクリック

吐出量のテスト

こんにちは!
美育LABOのゆっきーです。

ブログの更新がご無沙汰なのは、夏バテとかじゃないんです。
金曜日は、急な予定で書き損ね
昨日は、「何か忘れている」と思いつつ、
ブログを更新していないのに気付いたのは、帰りの道中。。。

相変わらず迂闊者なゆっきーですが
これからもちゃーんと更新は続けてゆきますので
どうぞよろしくお願いします。

さて、今日のテーマは、
「ポンプの吐出量テスト」です。
美里所長さんから指令で
このポンプの実際の吐出量が知りたいとのこと。
ポンプ吐出量1
美容液、乳液、化粧水、ファンデーション・・・など
いろいろな化粧品で使われるポンプですが、
吐出量は、何パターンかあります。
時々、とってもオシャレな容器に仕上げたかったんだろうけれど
その用途で、この吐出量はクレームものという残念なコスメに出会います。

例えば、クレンジング。
数プッシュ程度までなら、許容範囲だけれど
過去に20プッシュくらいして、やっとさくらんぼ大くらいの量が出せる商品に
出会ったことがあります・・・。
クレンジングする前に、指が疲れちゃう~(-_-;)

これは極端な例だと思うけれど、アンバランスなポンプに出会ったことはありませんか?
さて、話は、吐出量テストに戻すと
このポンプの1回の吐出量は
カタログによると「0.15g」。
で、実際に試してみるとこんな感じで
ばらつきがありました。
ポンプ吐出量2
ポンプ吐出量3
ポンプ吐出量4
今回、試したのは精製水なので、
原料の比重差にによって、多少の違いは出ると予想していたけれど
毎回、微妙に吐出量が異なるのにはちょっと驚きました!

10回を5セット試してみたけれど、
最初から最後まで0.01~0.03g位の差があったので
この数字のブレは、
ゆっきーがポンプを押すのが下手なのじゃないハズ。

普通にコスメを使用する際、
0.02前後の差なんて気付かないと思うけれど
調べてみて、初めてわかる違いが妙に面白いと感じた
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です