化粧品開発・セミナーのご相談は美育Laboへ

ぶきっちょさんでもモコモコ泡 ~洗顔の泡立て法~(後編)

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。
今日は、昨日に引き続き
洗顔の泡立てについてお届けしまーす
洗顔の泡立ての仕方の説明には
「水を少しずつ足して」とか
「空気をたっぷり含ませるように」とか
「水よりぬるま湯の方が泡立ちやすい」とか・・・
色々と説明されているけど、
その通りやってみても、やっぱり手のひらじゃ泡立たない・・・という方、
本日は、必見ですよ
では、早速、
美里所長さんが若かりし日に尊敬する大先輩から教わった
「手のひらで洗顔を泡立てる方法」を
ご紹介いたしますね。
ちなみに、写真は、Cosmetic-Webのホームページ用のデータの中から見つけたものを拝借。
この手のモデルは、たぶん数年前の所長さんっぽいです。

1.手を洗う
手に油とかワックスとか汚れがついていると、
泡立ちにくいので、清潔にしてください。
2.手首から指先まで、手を濡らす。
3.洗顔を手に取り、写真のように、手のひら&手の甲&指先まで
うすーく広げる。
洗顔泡立て法1
4.少量の水(5mL、小さじ1くらいの量)を手にとり
手を洗うようなイメージで、
大胆かつ大雑把に泡を作ってみる。
洗顔泡立て法2
5.手のひらの指の部分を使って、さらに泡を作る。
泡をこぼさないように注意しつつも、大きく大胆に手を動かしてみてくださいね。
※手相を見る部分より、指の方がでこぼこしていて空気を含ませやすく、泡立ちやすい。
出来てきた泡は、手のひらのくぼみ部分辺りに集める。
洗顔泡立て法3
6.泡立ちが悪くなってきたら、少し水を足しつつ
手の甲などに広げてあった洗顔などを利用して、
さらに泡立てる。
洗顔泡立て法4
7. 手のひらのくぼみ部分に集めた泡をつぶすようなイメージで
シャカシャカし、なめらかできめ細かい泡に整える。
洗顔泡立て法5
※すみません。もっときちんと伝えられそうな日本語が思いつかない
8.手にできている泡をきちんと集めてくる
洗顔泡立て法6
9.さらに泡をつぶすようなイメージで、きめ細かい泡に
洗顔泡立て法7
洗顔泡立て法8
10きめ細かなマシュマロというか、
上品な生クリームのような泡の完成です
洗顔泡立て法9
手順の4とか5辺りで、断念していた方、
ポイントは2つ。
小さく手を動かすより、大きく、大胆に!!
泡立てに使う場所は、手のくぼみじゃなく指の部分。
手のひらがモコモコと泡で包まれてくると
なんだかとっても楽しい気分になるゆっきーですが
皆様も、ぜひ泡づくりをお試しくださいませ
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です