ビークラボのサイトはこちらをクリック

冷え性には「足の井穴」

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

最近は、周囲の人たちと挨拶を交わせば
“おはようございます。今日も寒いですね~”
“こんにちは!風が冷たいですね~”などなど。。。
まだ冬の始まりだというのに・・・寒がりゆっきーには憂鬱な季節です。

さて、今日は「足の井穴(あしのせいけつ)」というツボのお話です。

なんで、突然ツボなのかというと、
美育Laboの書棚に置いてある1冊の書籍が目に留まったから!

一目でわかる! 必ず見つかる! ホントのツボがちゃんと押せる本 一目でわかる! 必ず見つかる! ホントのツボがちゃんと押せる本
(2008/05/01)
加藤雅俊

商品詳細を見る

以前にも紹介したことがあった気がしますが
実用的なツボを分かりやすく紹介している良書だと思います。

この本が目に留まった時、
“体があったまるようなツボがあったらなぁ”と思って
ページをパラパラめくったら、
冷え性におすすめのツボがありました。

その1つが「足の井穴(あしのせいけつ)」。

このツボは、血行を促進する代表的なツボで
足の指の爪の付け根にあります。

ツボというと1か所というイメージがありますが
「足の井穴」は左右の足指の全20か所の総称のようです。
足の裏側に手をまわして、
爪の際を親指と人差し指でつまむような感じで、
(足の)親指から順に押してゆくか、もみほぐしていくといいらしい。

ちなみにこの本によると
ツボ押しするときは、リラックスして行うのが基本ルール。
緊張して筋肉が硬くなった状態だと、
ツボを上手に押せないので効果的じゃないらしい。
ツボ押しする前は、深呼吸やストレッチがお勧めで
お風呂に入っているときもgoodみたい。
ツボを刺激する際は、
ツボを押すときには「息を吐きながら」、
力を抜くときには「息を吸う」という呼吸法にも気を配るといいみたい。
ストレッチなんかと同じで、呼吸を止めちゃダメなんですね!
あと、ツボを押すときの力加減ですが
気持ちいい~痛気持ちいいくらいでOKで、
いきなりギュッと力を入れて押したり
押した後にパッと手を放すのは、筋肉への過剰な刺激となるからNGみたい。
人の体には2000以上のツボがあるといわれているようなので
全部の場所をおぼえるのは難しいけれど
自分に関係がありそうな代表的なものを覚えておくと
応急処置的に役に立つかもしれないし
未病にも効果的かも!?
あと、美容に効くツボもいろいろあるようだし・・・。
普段の生活にツボ刺激を上手に取り入れられるといいなぁと思う美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です