化粧品開発・セミナーのご相談は美育Laboへ

桃の美容成分

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

今日は、雛祭り。
雛祭りといえば、桃の節句。
お花売り場では、きれいなピンク色をした桃の花が売られていました。
ゆっきー家では、特に節句のお祝いはしませんが、
出かけた先で目にした桃の花をはじめ、
雛祭り関連のグッズや食品などに春の訪れを感じます。
ところで、桃の美容成分は、どんなものがあるのでしょう?
少し前に使っていたボディーソープに、
モモ葉エキスが配合されていた記憶があるけれど、
これ以外に何かあるのかなぁ・・・。
すべての化粧品成分が収載されているわけじゃないけど、
この本で調べてみました。

化粧品成分用語事典 2012 化粧品成分用語事典 2012
(2012/09/10)
鈴木一成

商品詳細を見る

<モモ葉エキス>
抗菌作用、消炎効果が期待されています。
基礎化粧品に使われることもあるだろうけれど、
ゆっきー的には、どうしてもボディーソープやシャンプーなど
トイレタリー製品の方で使われるイメージがあります。
<モモ果汁>
モモの果実を圧搾して得た汁にグリセリンを加えて得たエキスらしい。
化粧品に配合すると、皮膚代謝促進作用、鎮静作用、保湿作用があるようです。
<トウニンエキス(桃の種子エキス)>
桃仁と書いて、トウニンと読みますね。
漢方生薬としては、消炎性浄血剤として生理不順などに煎じて服用するそうですが、
トウニンから抽出して得られた化粧品用のエキスには、
皮膚をしっとりなめらかにするエモリエント効果が期待されます。
モモ由来の美容成分は、しっとりスベスベ、目指せお姫様肌!!な効果が期待できるかしら!?
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。