ビークラボのサイトはこちらをクリック

「ノンコメドジェニック」表示

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。
市場にある化粧品を見ていると
「ノンコメドジェニックテスト済」や「ノンコメドジェニック処方」という
表示を見かけることがありますか?
コメドというのは、
ニキビの初期段階に見られる面皰(めんぽう)のことで
非炎症性の湿疹といえばイメージできますでしょうか!?
脂腺性毛包内に細菌や皮脂や角質などが詰まってしまった状態で
これが悪化すると白ニキビや赤ニキビなどになってゆきます。
ということで、ノンコメドジェニックテスト済みなどの表示があると
ニキビができにくい化粧品ですよ~というPRをしていることになります。
では、この表示、どんな化粧品でも売り手側が勝手にPRできるかというと
当然、そんなわけはなく、
ノンコメドジェニックテストというのがあり、
それでOKですという判定になれば謳うことが可能になります。
ちなみにノンコメドジェニックテストとはどんなことをするかというと
こちらのサイトが参考になりますでしょうか!?
皮脂腺の多いヒトでテストを行うようなので
ニキビのできやすいゆっきーなら
たぶん被験者基準を満たしそうです。。。
あっ、ちなみにテストでOKになった化粧品だからといって
100%コメドが発生しないことを保証したわけじゃないですよ~。
これからの季節は、皮脂の出やすい時期ですので
どうか毛穴を清潔に保つなどし、
ニキビを未然に防ぎたいものですね。
最後に、
ノンコメドジェニックについて詳しく教えてくださったNさん、
どうもありがとうございました!
美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です