ビークラボのサイトはこちらをクリック

『COSMETIC STAGE2020年12月号』の記事を執筆した美里所長さん

新年あけましておめでとうございます
美育Laboのゆっきーです。

例年とは違う年末年始をお過ごしになった方も多かったと思いますが、
皆様は、素敵なお正月を迎えられましたでしょうか?
わたしは、自宅でのんびりインドアなお正月でした。

さて、昨年末に執筆のお礼と献本が美育Laboに届きました。

COSMETIC STAGE 2020年12月号

それが、コレ↑
技術情報協会さんが発行する『COSMETIC STAGE 2020年12月号』です。

各月25日発刊(A4 約80頁)で、
化粧品企業のための新しい教育・実務雑誌というものなので
一般書店で目にすることはないものですが
美里所長さんが、『化粧品安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定』という記事を書かれています。
※購読希望など、詳しくは技術情報協会さんのサイトをご覧くださいませ。

記事の中身

記事をチラッとお見せすると。。。

内容は、以下のとおりです。

1.法規制
2.安定性試験の現状
3.促進試験の時短対策
4.試験方法の実例
4.1 物理特性からの推測
4.2 化学的変化からの予測
5.容器形態毎の特異な安定性試験
6.製剤毎におこる特異的品質課題の対策
6.1 水モノ剤型
6.2 乳化物剤型
6.3 洗顔料
6.4 その他
7 自社基準・規格の設定方法について

ゆっきーは、誤字脱字チェックのお手伝いを兼ねて、原稿を読んだのですが、
美里所長さん、化粧品の処方開発だけじゃなく、
品質管理のことも詳しかったんだなぁと、改めて思った次第です!

ここ数年、美里所長さんは、化粧品の技術者向けのセミナーばかりをやっている印象があるのですが、
今年は、“コスメティック アカデミー”をウェビナーで復活させられないかなぁと検討中です。

理系脳じゃなくても「化粧品を知りたい!」という方向けの講座なので
準備が整ったら、告知したいと思います・・・が、まだ計画段階なので、もうちょっと時間がかかりそう。

今年もやりたいことがいっぱいの美育Laboのゆっきーですが、
引き続きよろしくお願い申し上げます!!

最後になりましたが、新しい年が皆様にとって素敵な1年となりますように!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です