2020年5月 FC2ブログより移転

歯磨剤の成分

こんにちは!
美育LABOのゆっきーです。

さて、語呂合わせで、6月4日は「虫歯の日」というのは記憶にあったのですが、
今は、6月4日~6月10日が「歯と口の健康週間」となっているそうですね。
※ちなみにこの名称になったのは、2013年以降らしいです。

ということで、只今、歯と口の健康週間の真っ只中なので、
日々、特別に意識をすることなく使っている歯磨き粉の成分について書いてみたいと思います。

しかし、歯を磨くための製品は、「歯磨き粉」という名称が一般的だけれど、
剤型を考えると「歯磨きペースト」とか「歯磨きクリーム」と呼んだ方がピッタリなのでは・・・と改めて疑問に思ったら、
昔は、粉のままで使用していたらしく、その名残が今の名称「歯磨き粉」につながっているみたいです。

ちなみにペースト状の歯磨剤が登場したのは、1900年頃かららしいのですが、
「ハミガキコ」と定着したままなのは、言いやすいからなのでしょうか???

歯磨剤の成分

分類 成分 役割
研磨剤(清掃剤) 炭酸カルシウム、第二リン酸カルシウムなど 歯の汚れを落とす
湿潤剤 グリセリン、ソルビトールなど 粉体に湿り気と可塑性を与える
発泡剤 ラウリル硫酸ナトリウムなど 泡を立てて口腔内ののごれを洗浄する
粘結剤 カルボキシメチルセルロースナトリウム、アルギン酸ナトリウムなど 成形性を与える
精製水 粘度・稠度を調整する
香味剤 メントール、ペパーミントオイルなど 香味・清涼感と香りをつける
着色剤 法定色素 外観を美しくする
保存剤 パラオキシ安息香酸エチルなど 変質を防ぐ
薬効成分 フッ化物、殺菌剤、消炎剤、止血剤、収斂剤、血行促進剤、口臭防止剤 虫歯予防、歯槽膿漏や歯肉炎の予防、口臭の除去など

ところで、歯磨き粉は、化粧品?
それとも医薬部外品?

歯の汚れを落として、口腔内を清潔に保つという目的だけであれば化粧品で大丈夫ですが、
「歯を白くする、口中を浄化する、ムシ歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯のやにを取る、歯垢を除去する、歯石の沈着を防ぐ」など種々の働きPRするためには
医薬部外品じゃないとできないことです。

「歯と口の健康週間」を機会に、歯磨き粉について深掘りしたい方は、
日本歯磨工業会のサイトhttps://www.hamigaki.gr.jp/がおすすめです。

歯は、一度失うと、元には戻せないものなので
正しい歯磨きで、自分の歯を大切にしたいものですね。

美育LABOのゆっきーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です